テーマ:野球

追記:夏バージョン

そういうつもりではなかったのに・・・ 書く前にだいたいの骨子はできていても大抵はそこから大きく逸脱する。それはそれで構わないんだけれども前項の「夏バージョン」は書いてあることのすべてが以前のものと「重複」していてこんな筈ではなかったの思いが強い。そもそも何故「夏」だったのかといえばそれはMLBがオールスターブレイクに入ったことを書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏バージョン

その時々に感じたことをそのまま書くというのが本欄の表向きの趣旨なんだけれど・・・ どうもここ数年感じることも考えることもその進歩?を止してしまったようでたぶんまた同じようなことを書き連ねることになっている。夏がきたからクーラーがどうだとか海へ出るの出ないのとか、まあそういうこと。それでなくても季節がこうだからゆっくりとものを考える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチロー、ヤンクスとなる

イチロー電撃移籍。 いつものようにマリナーズの試合を見ようとテレビのスイッチを入れるといきなり会見をするイチローのアップが画面に映し出されていた。この何かが起こった感じというのには記憶がある。F-1の録画中継のはずがアイルトン・セナの事故現場のライブ映像だった。テレビを点けるとき、この種の衝撃の可能性はいつも頭の片隅にある。でもそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前半戦のイチロー

前半戦85試合終えたところでのイチロー選手の成績は以下の通り。 ヒット数:93 打率:0.261 打点:27 本塁打:4 盗塁:12 得点圏打率:0.171 およそイチローらしくない数字たちだ。去年も悪かったが今年はもっと悪い。打順もチーム事情から当初は3番に抜擢されたが成績不振で1番に戻されそれでも調子が上がらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでもまだマリナーズ戦をみる。

夜勤明けのすぐにも眠りたいところだがA.M.9:00からのマリナーズ戦のテレビ中継をみる。 もちろんイチローが目覚ましい活躍をしないことは分かっている。だが(意地でも)ついみる。いつもより手早く仕事を済ませそそくさと家路に。プレーボールまであと20分。急いで風呂へ入る。いつもはしばらく浴槽で読書をする(神経痛対策で長めの入浴が必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチロー、メジャー史上初9年連続200本安打

イチローを追跡せよ。 深夜2:30に起きる。イチローの新記録達成の瞬間をテレビの生中継で見るためだ。現地の天気予報では今日も雨、とりあえずNHKの最新の番組表をチェックする。マリナーズ戦の中継の開始は4:00に変更になっている。コンピューターを立ち上げて情報を得ると果たして試合開始は雨のために遅延していた。インターネットで全米にか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチロー、残り5本で迎えたエンジェルス戦で14打数1安打その間チームも3連敗

200本狂騒曲。 今季195安打目がメジャー通算2000本 今季200安打以上すれば9年連続(メジャー新記録) ここ数日イチローがヒットを打てないのは実況中継中休みなくNHKの画面の右隅に表示されているカウントダウンの数字のせいじゃないかと思う。眼の上のたんこぶというか全然部外者の僕のようなものが見ていてもかなり鬱陶しいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトルの夏の終わり

朝食を作っている間にシアトルの夏が終わってしまった。 J.ペラルタの放ったグランド・スラムがシアトルの夏を奪った。すでに危険水域は越えていたのだ。トップのエンゼルスとのゲーム差は7.5。しかしこれはエンゼルスが負けないためでマリナーズの責任ではない。ところがここに来てマリナーズは中部地区で下位にあえぐクリーブランド・インディアンズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

'09 WBC 決勝戦 韓国V.S.日本

3月24日(火) 10:30/ドジャー・スタジアム (もちろん)テレビ観戦   日本  0 0 1 0 0 0 1 1 0 2  5 韓国  0 0 0 0 1 0 0 1 1 0  3  勝:ダルビッシュ  負:林昌勇  S: 日本: 岩隈、杉内、ダルビッシュ 韓国: 奉重根、鄭現旭、柳賢振、林昌勇 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決勝戦の日

夜勤明けはいつも気怠い。 何だかどんよりした空だ。それに平年並みというが空気が冷たい。今日は決勝戦の日、眠っている場合じゃない。徹夜明けはいつもなぜか気持ちが高ぶっている。眠るのが惜しい。仕事中の休憩時間には、一分でも余計に横になっていたいのに、空が明るくなってくるとソワソワした落ち着かない。部屋に戻ってエア・チェックしたTVドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC続いてますが・・・

日本、キューバに連続完封勝ち。 WBC佳境。いよいよ四強が出揃った。メディアでは連覇、連覇と賑やかだが個人的にはそれほどの拘りはない。ただ準決勝で勝ってくれればもう一試合余分に見られるからありがたいというくらいの気持ちだ。だいたい創設以来二回続けて日本の勝った大会の将来ってなんだか怪しくないか。ここまでくればあとは純粋トーナメント…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

'09 WBC 東京ラウンド・ゲーム6(決勝戦)

日本 vs. 韓国、3月9日(月) 18:30/東京ドーム (テレビ観戦) 韓国 0 0 0 1 0 0 0 0 0  1 日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0 勝:奉重根  負:岩隈  S:林昌勇 韓国: 奉重根、鄭現旭、柳賢振、林昌勇 日本: 岩隈、杉内、馬原、ダルビッシュ、山口、藤川 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

'09 WBC 東京ラウンド・ゲーム4

韓国 vs. 日本、3月7日(土) 19:00/東京ドーム 外野指定席(ライト)6列 日本  3 5 0 1 2 2 1  14 韓国  2 0 0 0 0 0 0  2 勝:松坂  負:金廣鉉  S: 日本: 松坂、渡辺、杉内、岩田 韓国: 金廣鉉、鄭現旭、張ウォン三、李在雨 本塁打: 金泰均、村田、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

'09 WBC 東京ラウンド・ゲーム1

日本v.s.中国、3月5日(木) 18:30/東京ドーム。 外野指定席(ライト)6列。 15:50 入場開始 : ずいぶん人が並んでるわね。 : 当日券はないはずなんだけどなあ。 : いいとこってここのこと? : うん、野球知ってるんでしょ? : もちろん。バッターがある種の法則に従ってランナーになり、彼がイン・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WBC

サムライJAPAN。 いよいよ、球春到来。て去年もこんなことを書いていた。今年違うのはWBCの開催のあること。選抜選手に辞退者が続々と出て代表監督問題でも紛糾したが、始まってみればやはり楽しみだ。ミニキャンプを終え練習試合を2試合こなしたところでは、イチローの不振がちょっと気にかかる。イチローはリーダーとしてもムード・メーカーとし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

イチロー・インタビュー

10月27日~11月1日、デイリー・スポーツ短期集中連載。 1. 今期を振り返って 2. WBCについて 3. 打撃と守備 4. 言葉とお笑い 5. 夫人のこと、ファッションのこと 6. 未来像 自ら誤算と断じた今シーズンを、イチローが振り返った。ファンにとっても何とも歯がゆい一年だった。けして絶不調という訳ではな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

清原和博引退試合

オリックスV.S.ソフトバンク、京セラドーム、10月1日。 : どうしたのよ、こんな時間からテレビの前に坐っちゃって。 : や、何。 : だから、どうしたの? : きょうはさ、清原の引退試合なんだ。 : 清原ってあの清原? : そう。 : まだやってたんだ。 : やってたさ。 ・・・・・・・・・・ : お…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まだまだ終わっちゃない

いよいよ崖っぷちだ。 ハリゴエまで、残り2試合で6安打が必要。ちょっと常識的な数値は越えてしまった。 前回の記事を読み返すと、イチローの満塁での凡退がよほど悔しかったらしく、実にヒステリックな内容で、まるで大人気ない。だいたい、論旨が破綻している。今期のイチローの問題点について、個人記録に拘るあまりかえって勝利に貢献できてな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まだ終わっちゃない

あーあ、やっちゃった。 2008年9月24日、エンゼルス戦、この日は、今ひとつ波に乗り切れなかった今期のイチローを象徴するようなゲームとなった。そしてまた、イチローの心にそれが深く刻まれた一夜になったはずだ。 この日のゲームでは、いろいろなことが起こった。まず、16ゲーム続いたイチローの連続安打が途切れた。イチローは2度の好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

200年連続8本安打

イチロー選手、とりあえずおめでとうございます。 先日、日米通算3000本安打を達成した時のインタビューで、NHKのアナウンサーがこう失言して、イチローに一喝された。本人も含め大半の人が、単なる通過点と捉える3000本という数字。だからこそ、インタビュアーもついうっかりしてしまったのだ。すかさずイチローは、そのとりあえずっていうの止…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プロ野球中継

プロ野球もいよいよ佳境。 プロ野球は、テレビで観戦するのが一番楽しい。これは、僕の親父の口癖だ。僕もそう思う。プロ野球は、ビールと枝豆をちゃぶ台に置き、扇風機に吹かれながらテレビで見るのが一番楽しい。子供の頃、何度か球場に足を運んだことがある。幼い頃、巨人ファンの従兄に連れられ、中日球場にいった。中日巨人戦、巨人の先発は、エースの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追記

問題のヤンキース戦。 http://express-myself.at.webry.info/200805/article_11.html その後、いろいろな情報を集めてみると、決勝点を許したモリーナのセンターへの大飛球、アメリカのメディアでは、イチローは取れたはずだとの論調が主流だったという。イチローが怪我のリスクを恐れ消極的…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

白日夢

>2008年5月25日、ヤンキースV.S.マリナーズ 6回戦。 ヤンキー・スタジアムでの最後の日、それは、イチローの日になるはずだった。 だが、寸前のところで、それは彼の掌から零れ落ちた。野球の神様は、かくも残酷なのだろうか。勝利とは、こんなにも遠いものなのだろうか。ヤンキー・スタジアムは、来年から新装球場に移転。マリナー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

やっかいな日々

やっかいな季節がやってきた。 待ちに待ったプロ野球の開幕。しかし、気分はどんよりと重い。これからまた約半年間、僕の感情は、弄ばれる。思えば、冬の間は、平和だった。僕の心を乱すものは皆無だった。睡眠が足らないと、寒いし、あからさまに体調が悪くなるから、よく寝、よく食べ、よく飲み、あまり何も考えずに過ごしていた。何も考えないのは、いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームランのサインがでる時

友人のブログにも取り上げてもらった、高校時代のいたずら書きである。 http://d.hatena.ne.jp/ky823/20070928 http://d.hatena.ne.jp/ky823/20080208 いやー、危ない。 危うく資源ゴミに出されるところだった…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショナリズム

ナショナリズム、は良語か悪語か? 戦後の日本において、ナショナリズムは悪役を担ってきた。ナショナリズムのなかには、排他的な思想があるから、失敗した日本には諸刃の刃のようであったのだろう。そんなナショナリズムも、スポーツの国際大会などでは、存分に威力を発揮した。日頃の鬱憤を晴らすかのように、ここぞとばかり頭をもたげてくる。最近の傾向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチロー、シーズンを語る

SANKEI EXPRESS、11月25日号のイチローのインタビュー記事を読んだ。 何といっても特筆すべきは、イチローが、ヤンキースについて言及していることだろう。今年のFA権取得にまつわる、マリナーズ残留劇への決断までに、ヤンキース移籍の可能性が、最終段階まで選択肢に残ったというのである。イチロー本人の意向次第ではヤンキースへの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中日ドラゴンズ

球史に残るゲームだったことは間違いない。 2007年11月1日、ドラゴンズv.s.ファイターズの日本シリーズ第5戦。ドラゴンズの3勝1敗、この王手のかかったを試合を、ドラゴンズは、ファイターズをパーフェクトに押さえ込んで、勝利した。ドラゴンズは、勝利するために最もいい形を作った。先発投手が8回まで相手を零封、ストッパーの岩瀬につな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチローの一人もいないポスト・シーズン

ロッキーズの松井稼頭央が大活躍していますね。 松井選手は、日本から海を超えた大リーガーの中で、唯一(イチローを除く)見ていて楽しいプレーヤーです。肉食動物を思わせる獰猛な身のこなしは、華麗で繊細なイチロー選手とは対極に位置する荒々しさを備え、いつ見ても興奮させられます。松井選手がつどつど故障に泣かせれてきたのも、そのワイルドで俊敏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わがイチロー、かく戦えリ

9月30日、クローザーのJ.J.プッツが、最後のアウトをものにした時、長かったイチローの2007年のシーズンが終わった。 イチローは、ゲーム・セットをベンチで迎えた。イチローは、9回裏の守備からオーダーを退き、ベンチから戦況を見守っていた。いったん守備位置についてから、交代を告げられたイチローは、ダッグアウトに下がる時、観客のスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more