2days など。



fullsizeoutput_1ba9.jpeg


淵野辺・サマー・オブ・ラブ、2019.06.08.sat.19:30開演。

V.S. 津田啓 、よしろうのすけ

(set list)

1. 彫刻家の死
2.伝えるべきことの何もない歌
3.告別の唄
4.アプリコット・ハーブ
5.そりゃないぜ、おねーちゃん
6.拝啓、三島由紀夫様へ





藤沢・Indian Summer、2019.07.06.sat.19:30開演。

V.S. 鈴木智蔵、みちる

(setlist)

1. 伝えるべきことの何もない歌
2. 3LDK2500万
3. 拝啓、三島由紀夫様へ
4. 君の裸 ※
5. KEY ※
6. 群青の藍(あるいは地上の夢) ※
7. yeah!!
8. 彫刻家の死 ※

encore

1. You’ve Got A Friend(C.King) featuringみちる ※
2. そりゃないぜ、おねーちゃん。
3. 痕跡という唄 ※

※ guitar 鈴木智蔵


今どき、iPhoneで簡単にビデオ撮れるし記録も残し易い。
そうして、その当日の記憶を再現してみるとこれがまた思い出したくない事も色々と蘇ってくる。一年ぶりでの藤沢・Indian Summerでのライブ、今回は西湘の歌姫こと、みちるさんをゲストにお呼びした。恒例の鈴木智蔵も名古屋から駆けつけてくれた。そこまでは良いのであるが一応自分がホスト役を務め全体の進行を把握しなければいけないのだが、どうもそこが不行き届きになることが多い。バックステージでも大抵やらかすがステージ上はもっとひどい。つい自分のことで精一杯でとてもじゃないが人のことまで構ってられない。

今回も、アンコール前のメンバー紹介でせっかく出演してくれたゲストのみちるさんを飛ばしてしまった。ギター・チューナーの使い方がイマイチ不慣れで手間取ってしまいうっかりする。台本のようなものを書いておいてある程度反復しておけば良いものをそういうことを怠るのでいつも失敗してしまう。アンコールの終わった後、一緒に演奏した二人をねぎらって拍手を頂かなくてはいけないのにそれも飛ばしてしまった。映像で振り返った時いつも反省するのだがいざ本番となると忘れてしまう。この日は、2度目のアンコールで重要曲を歌う段取りになっていたのでそのアンコールがあるかどうか気になってメンバーのことに気が回らない。

まあ、そういうようなことが映像に残っている。映像に残ってないところでも結構やらかしている。出番前のスタンバイで机の上にあったみちるさんの水筒を誤まって突き落として破損させてしまった。(水漏れしたので)みちるさんは健気にも、床は大丈夫ですか、とかいってくれているのに僕は呑気にも水筒はどうですか?などといっていて、床も大丈夫な訳はなく気づくとお店のマスターが床を拭いていてくれた。一事が万事こういうことである。もちろん今に始まった事ではないので自分としては特には驚かない、またか、と思うだけである。ライブに限らず呑みの席なんかでも割とそういうことが多く暴言とまではいかなくても失言レベルならばしょっ中である。後からしまった、と思うのだがその場では案外気づかない。

若い頃はそういうところも愛嬌のうち、くらいに思っていたが段々大人になって成長?してそこまで楽観していられないと気づいた。しかし現場では直らない。さて、演奏の方だが、智蔵は大抵外さないからいつも安心してみていられる。導入がスムーズで今回もビートルズのカバーから始まった。組曲風だったりアイドル・ソングを挟み込んだりと構成も考えてある。もう少し破綻していてもいいんじゃないかと思う事もあるがこればっかりは人柄もあるので仕方がない。みちるさんは声の音色がとてもチャーミングだ。改めて聞いて、リズムに拘っているのが分かった。メロディも親しみやすくつい口ずさんでしまう。「はじまりの朝」とかいいな、歌詞も気になる。スティングのカバー「 Fragile」も良かった。会社の井上(仮名)くんは共演者の良い演奏を聴くと「カトウさん、やばいすよ」と余計な心配をする。別にヤバくはない、素晴らしい共演者に恵まれてラッキーなだけである。





淵野辺・サマー・オブ・ラブ、2019.07.07.sun.18:30開演。

V.S. ナカニシタカアキ 、山本慎太郎、鈴木智蔵

(set list)

1. 彫刻家の死
2. 君の裸
3. 夏の君
4. KEY
5. てんごくのとびら

with 鈴木智蔵


新婚の山本くんが愛を育む時間を捻出するためにライブ活動を一旦休止するといっていた。もちろんライブなんかより家庭生活の方が大切に決まっている。両立できるようになるまでゆっくり休んだらいい、どうせまた歌うに決まってるんだから。ナカニシタカアキさんは音楽はもちろん映画や演劇にも造詣が深く話していて楽しかった。70年代の映画の話で盛り上がり最近では発音していなかった固有名詞をいくつも口走ってしまう。その時には気づかなかったがTwitterの自己紹介欄につげ義春が好きだとあった。僕も彼のことが大好きで作品集はほとんど持っている。今度会った時にはそのことにも触れたいと思う。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント