e-x-m-s

アクセスカウンタ

zoom RSS 四月の永い夢

<<   作成日時 : 2018/06/20 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



画像



伊勢佐木町・ジャック&ベティ、2018.05.30.wed.16:05の回。

監督・脚本:中川龍太郎
出演:朝倉あき、三浦貴大、川崎ゆり子、高橋恵子、ほか。


: いやー、苦手な作品にぶつかっちゃったなあー。
: あら、そう?面白かったじゃない?
: んー、どーなのかなー。
: 何がそんなに苦手だったの?
: 何だろうね、まず設定かな?
: 設定が?
: つまり主人公の女性は訳あってスローライフのようなことになってるじゃない?
: ああいうのをスローライフっていうのかしら?
: 厳密にはそうじゃないのかもしれないけど何ていうか、社会の一線から身を引いて低予算で生きる
  みたいな?
: んー?
: で、そこに出てくる男が和工芸の職人っていう。
: 別にいいじゃない?
: なんだ、またその話かっていう。
: そう?他にどんな作品を思い浮かべるの?
: だからね、統計的にはもっと定番化した設定っていくらでもあるんだろうけど、何かこう、既視感が強
  いというか。
: ふーん?
: とりあえずどこからもクレームの来そうにない人物設定というか。
: そう?
: 男は一流商社のエリート・サラリーマンでもいい訳でしょ?
: でもそれじゃあ、ああいうお話にはならないじゃない?
: そう、だから、そういうお話にするためにだけに出て来たキャラみたいな?
: まあ、確かに2人揃って作業場で寝転んだりするシーンはちょっとあざといなとは思ったけれど。
: 分からない、ああいうシーンが逆にいいって人もいるのかもしれない。
: 彼女の生活自体がメルヘンチックってことなのかしら?
: メルヘン?
: だから実際にはあんな生活は成り立たなくて・・・
: どうなのかな?
: ああいう慎ましやかな生活に憧れる若い女性が多いのかもしれないわね。
: そうだね、そういう憧れはあるのかもしれない、だからこそのリアリティを僕は感じたんだけどね。
: リアリティがある?
: そう思った、もしかしたら相当数の若い女性があんな風に暮らしているのかもしれない。
: それはどう?
: いわゆるワーキング・プアというか環境上そうせざるを得ないという側面も強いとは思うけど。
: 彼女は喪失感を癒すのに時間がかかってしまっている訳でしょ?
: そう、だからね、彼女はとても大きな欠落を抱えて生きてる割には十分幸せそうだというか。
: それは幸せなんじゃない?だってそれなりに自己完結してる訳だから。
: 夢の中ってことだよね?
: それは人は中々不幸せの中では生き辛いから合理化規制というかある程度外部からの刺激を遮断
  してしまうのじゃないかしら?
: その結果、偽りの幸せの中で暮らす?
: 偽りかどうかは・・・
: 何だか全てが綺麗事のように見えて。
: だから彼女にとってはあれは綺麗な世界なのよ、それが夢であり、欠落を抱えて生きるってことなん
  じゃないかしら?
: んー、何ていったらいいのかな?あの女優さんの笑顔がムカつくっていうか。
: あらら、そんなこといっちゃう?
: 何かこう、自分が世界の中心みたいな顔をしてというか。
: それほど演技が上手いってことじゃない?だってそういう自己完結した生活自体が間違ってるっていう
  ことをこの作品はいっているわけでしょ?
: どーしてもそういう風には見えない。
: そう?
: うん、だからもしかしたら作家は彼女の隠遁生活を否定的に描いているのかもしれないけれどさっき
  の「憧れ」の話じゃないけれども、それは必要に迫られた苦しい憧れなのかもしれないけど、そういう
  時代の空気と妙な形でリンクするっていうか。
: 彼女のバッドトリップが同世代の女性の「憧れ」になっちゃってる?
: そう、そういう気持ち悪さがこの作品にはあると思う。
: それはこの作品が良く描けているってことじゃないのかしら?
: そういわれると僕もちょっと自信がないんだけれども、ただじゃあ例えばね、彼女の恋人だった人のお
  母さんね、あの人にとっては彼女は息子を死に追いやった憎むべき人ということもいえるじゃない?
  それにしちゃあ彼女に対する対応が暖か過ぎやしないかとか?
: そりゃあ、あの母親にもそれなりの葛藤があったんだろうけど少し時間が経って最終的には最後まで息
  子に寄り添って生きてくれてありがとうみたいな心境に至った訳でしょ?
: ところがどっこい、彼が死んだ時には彼女は既に別れた後だった。
: そりゃあ、申し訳ないわよね?彼女が彼を振ったことが彼の死の直接の原因になったのかもしれないし。
: でも逆にいえば、その時既に2人は別れていたんだから彼女にはそこまでの責任がなかったともいえる。
: そこは難しいところね。
: だからね、僕はそういう意味で色々モヤモヤする訳だよ。
: モヤモヤねえ?
: そう、モヤモヤ。
: だってそれは仕方ないわよ、夢なんだもん、そりゃモヤモヤするわよ。
: そうなのかー。
: しかも、四月だし。
: そっかー、四月だもんなー。
: それにしても高橋さんって得難い女優さんよね?
: そうだね、最初画面から声だけが聞こえて、それでもすぐに彼女だって分かったもんね。
: 大人の色香があっていいと思うわあ。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四月の永い夢 e-x-m-s/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる