e-x-m-s

アクセスカウンタ

zoom RSS ダンケルク

<<   作成日時 : 2017/10/01 13:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



画像



109シネマズ湘南、2017.09.10.sun.21:00の回(IMAX2D)。

監督: クリストファー・ノーラン
出演: トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、ケネス・ブラナー、ほか。


: 戦争映画、好きだっけ?
: いーや、どちらかというと苦手。
: クリストファー・ノーランが好き?
: どうなのかな?「インターステラー('14)」をDVDで見て劇場で観れば良かったって後悔したのでね。
: で今回は劇場へ足を運んだと。
: まあね、戦争映画あまり好きじゃないんだけどね。
: ダンケルクの戦いについて。
: 第二次世界大戦初期、ドイツ軍によってフランスの海岸に追い詰められた大量のイギリス兵を本国か
  ら救出にいった作戦という以外ほとんど知らない。
: これはかなり特殊な戦争映画といっていいんじゃないかしら?
: そうだね、これはあらかじめ知ってて見にいったんだけどれども、戦争の政治的な側面はほとんど描
  かれていない。
: 救出作戦に焦点を絞ってそこだけを、というか何人かいる主人公をごく身近な目線で描いてるわね。
: 救出される側のイギリス兵の2人、小型船で救出に向かう民間人のお爺さん、ドイツ空軍とバトルする
  スピットファイアーの乗組員の3グループのお話が交互に描かれる。
: イギリス兵は少年兵だから戦闘に対して自覚的に行動するというよりはただ翻弄されているといった
  印象だわ。
: ようやく救出されたと思ったら乗った船が撃沈されてまた浜に舞い戻ったりとなかなか思うように脱出
  できない。
: その救出船を爆撃するメッサーシュミットと空中戦を繰り広げるスピットファイアーは本物を用意して
  撮影したらしいけど。
: そういうリアル方向は面白いとは思うけどいくら何でももう少し機数が出てこないとどうもパッとし
  ない。
: そうねえ?CGを使わないという意図は良く分かるけれども画面がどうしても地味になるのは否めない
  わね。
: 民間の船の件はあれでいいのかもしれないけど。
: そうねえ、そもそもがそういう地味な活動だったわけだから。
: IMAX2Dというのは現状では最も理想的な上映方式だと思うわ。
: 画質もさることながら音が凄かった。
: 地響きのような破裂音とか弾丸が金属を撃ち抜く鋭い音とかが耳を突いて聞こえてくる。
: 体調のいい時に体験型映画として見るぶんにはいいかもしれない。
: そうね、なかなか得難い体験だと思う。
: ただお話の面白さで引っ張っていく作品じゃないから疲れてる時なんかは余計に疲れる可能性はあ
  るね。
: 確かに見るのに体力の要る映画かもしれない。
: そういう意味ではIMAXの臨場感は必須かもしれないね。
: そうだねえ?後からタブレットとかで見て面白くないとかいわれても困るわね。
: あとは血みどろの人体破壊描写がほとんどないというのも特徴だね。
: あの戦いでは実際には結構人が死んでいるものね。
: そうだね、ドイツ軍がガンガン爆撃してくるわけだから。
: そういうことじゃないんだろうね。
: 反戦映画というのでもないわねえ?
: そうだね、声高に反戦を訴えるような映画ではない、最終的にちょっといい話みたく終わるしね。
: 「脱出」映画。
: うーん、「脱出」なら何でもよかったのかなという気もするね。
: ゾンビの町からの脱出、崩壊する高層ビルディングからの脱出、とか?
: そうだなあ?ただ嗜好として武器オタク、戦争オタクって可能性もある。
: 本物の戦闘機しか使わないとかね。
: 銃撃音なんかもきっと武器の種類によって使い分けてるんだろうね。
: 軍服とかも詳細に再現していそうね。
: そういうことにこだわりのある人にとっては垂涎ものなのかもしれない。
: 「ハクソー・リッジ('16)」を見た時にも思ったけど銃弾が金属を撃ち抜くのって本当に嫌な音がするわ
  ね。
: 不吉な音というか、車がクラッシュするときの音の感じに似ている、音そのものじゃなくて不吉さが。
: そうね、割と小さな音量でも耳に届くしその音が聞こえると訳もなく胸騒ぎのする感じ。
: 「金属を貫通する」=「防御を突破される」つまり死をイメージさせる音ということかな?
: 最近の擬音のトレンドじゃないないかしら?
: そうだね、あとは、人頭に着弾した時に骨の砕けるような音が入っていたり、人を殴った時なんかに
  やっぱりちょっと骨が軋むような嫌な音が入ってたりすることもあるね。
: 発砲音も本当にリアルになった。マシンガンの「タタタタタタ」みたいなととかね。
: ピストルが「バキューン」なんていっていた時代とは大違いだ。
: 日本映画だとまだそんな音がすることがあるわね。
: うーん、技術的にはそんなに難しいことではないと思うんだけど。
: 拳銃なんかもやっぱりモデルガンに見えるし。
: もしかしたらそういう規制が入ってるのかもしれないね。
: 規制?
: 自主規制というか、あまりにもリアルに見える銃器やリアルな発砲音なんかも禁止なのかもしれない。
: うーん、統制されちゃってるわねえ?







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダンケルク e-x-m-s/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる