e-x-m-s

アクセスカウンタ

zoom RSS ベター・ハーフ

<<   作成日時 : 2017/07/30 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



画像



下北沢・本多劇場、2017.07.14.fri.19:00開演(夜公演のみ):C列1番。

作・演出:鴻上尚史
出演:風間俊介、松井玲奈、中村中、片桐仁。


: 「トランス('96)」の再演を観たのが演劇にハマるきっかけとなったのでサードステージにはちょっと
  思い入れがある。
: ハマったといってもまあ、それほど深くというのでもないわね。
: まあね、ちょっとしたぬかるみくらいかな?
: 当時は第三舞台のお芝居なんかよく見にいったわね。
: そうだね、けっこう気に入っていた。
: その後、鴻上氏自身が留学したりして観劇の方もすっかり疎遠になってしまったけど。
: この「ベター・ハーフ」も再演ということだけれども。
: そうね、松井さん以外は初演時のキャストのままだそうね。
: 初演の時は?
: 真野恵里菜さん。
: うーん、いいラインだね。
: そうね、ちょっとした汚れ感の出せるアイドル顔の若手女優みたいな?
: まさにピッタリだ。
: 作者によれば恋愛というものを時間経過の視点から捉えた物語ということだけど。
: 医学的には恋愛感情は3年以上の持続は不可能だというからそれ以降はまた関係を再構築する必要
  があるってことだね。
: この物語はもう少し短いスパンで関係性が目まぐるしく変化するわね。
: 4人の相関図がとても込み入ったことになる。
: あり勝ちな展開といえなくもないかな?
: そうだね、あとはその関係の変化をどう面白い場面に落とし込むことができるか。
: シチュエーションということね?
: 葛藤やサスペンスがあって観客の感情が動かされるような。
: それぞれの登場人物が秘密を守れないというのは展開がスピーディになっていいかもしれないわ。
: そこでうじうじ悩んでしまうと物語が停滞してしまう。
: 誰が誰に対してどんな嘘をつきどんな秘密を握っているかを正確に覚えておくのは骨が折れるもの。
: ましてその関係が刻々と変化しているとなれば尚更だ。
: だからどんどんリセットして関係を単純化していく必要があるわね。
: その辺の手際はさすがにスッキリとしていた。
: ただ時間がとても圧縮されて描かれるから登場人物たちの心が揺れ過ぎて落ち着かない印象だわ。
: 人の本当の気持ちってなんだろう?
: どうした?急に。
: 人ってそれほど絶対的な感情って持てないんじゃないだろうか?
: 常に移ろい易く曖昧であると?
: うーん、そういってしまうと身も蓋もないけれど。
: でもそれじゃあ物語にはならないわね。
: そうなんだよ、基本的には登場人物たちが自分の本当の気持ちに気付くまでの道のりを描くのが物
  語だからね。
: 観客は便宜上の本当の気持ちを待つことになる。
: そうじゃないと不安で仕方がない。
: そうだね、観客は登場人物たちが本当の気持ちに従って生きて欲しいと願っている。
: または本当の気持ちを偽っていると気付いて生きていって欲しい。
: 本当の気持ちがないってことになったらタイヘンね。
: そりゃあ、困る。
: もう少しコメディ寄りにすればもっと爽やかな物語になったのに。
: これはとても嫌なお話だよね、気持ちが割り切れなくて。
: 性にまつわるドロドロとした感情が底にあるから。
: マイノリティに対する差別意識とかね。
: キャスティングもちょっと意地悪な感じがするし。
: そこはどうなのかな?一周して賛歌という風に考えられなくもない。
: 自分をさらけ出して生きていこう、みたいな?
: どう頑張っても他人を生きることはできないから。
: 松井さんの役柄はデリヘル嬢ということだから「金玉」とか「チンポくわえる」とかいう台詞があ
  るけれど。
: 「フェラチオーッ」て叫ぶシーンとかね。
: せっかく見に来てくれた観客へのサービスみたいなものだ。
: 演劇の常套手段でもあるね。
: 何か深夜放送のコーナーで女の人の声でいって欲しい台詞募集みたいな。
: 流石に放送には乗せられないから、劇場なら許されるんだろうけど。
: 舞台と客席に妙な一体感が生まれる。
: 共犯者感覚とでもいうのかな?
: 身内意識というか、仲間?
: 俳優はその空間にマジックを起こさせるわけだからタイヘンだ。
: 中村さんは歌が上手いわね。
: プロは凄いなあ、あんなに破綻なく歌えるってね。
: 商品になる歌声って羨ましい。
: 恋愛感情を時間の経過に任せるというのはちょっと狡いという気もするけど。
: いい辛いことも時が経てばそれほどでもなくなる?その期間にかえって関係が深まってよりいっそ
  ういい辛くなるってこともあるんじゃない?
: そうかあ。
: 夢を見ることの地獄ってあるわね。
: そうだね、夢は呪いであると。
: アイドルになりたいって夢さえなけりゃ彼女はデリヘル嬢にならなくても済んだし遠い異国へいくこ
  ともなかったし好きな人とも幸せになれたのにね。
: 夢を見ることができるのも才能の一つなんじゃないかな?
: でも誰もが夢を見なきゃいけないってことではないわよね。
: そうだね、夢なんて見る必要ない、自立して生きていくことさえできれば御の字だね。
: 生きてるだけで丸儲けかあ?



画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベター・ハーフ e-x-m-s/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる