e-x-m-s

アクセスカウンタ

zoom RSS メッセージ

<<   作成日時 : 2017/05/29 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



画像



109シネマズ湘南、2017.05.23.tue.15:45の回。

監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演: エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、ほか。










(ネタバレあり〼)










: ドゥニ・ヴィルヌーヴの新作ということでいいのかしら?
: そうだね、DVDで「プリズナーズ('13)」「ボーダーライン('15)」を見たんだけれどもとにかく素晴
  らしい。
: どちらも面白かったわね。
: それぞれ内容自体も面白いんだけれども際立つのはやっぱり演出力だと思う。
: どういうふうに形容すればいいのか。
: 一番の特色は的確さじゃないかな?
: 余分なところのない端正な演出という感じがするわね。
: そうだね、でもそれでいてここぞというところでケレン味のある大胆さも見せる。
: 「プリズナーズ」のカー・アクションとか「ボーダーライン」のトンネルのシーンとかね。
: ドキュメンタリックな地味な映像かと思うと突然そういうテイストが入ってきたりして、そういう意味
  でも面白い。
: あと人間描写の的確さも感じるところね。
: 極端なキャラ分けみたいなことはしないんだけれどもそれぞれが非常に説得力のある人間として
  描かれる。
: だからここでこの作家はただの映像派ではないということが明らかになる。
: さて、本作「メッセージ」。
: 僕はまずこの邦題はちょっとニュアンスが違うと思う。
: 原題は「ARRIVAL」ね。
: これには到着という意味の他に「到達」とか「出生」などの意味がある。
: なるほど深いわね。
: この物語は、宇宙人が人類に対して何らかのメッセージを伝えにきたというよりは人類を根本から
  変革しにやってくるというお話だから邦題のニュアンスでは意味が軽くなってしまう。
: 考えてみればとんでもない物語よね。
: そう、いってみればゾンビ映画で人類全体がゾンビ化しちゃったら死なないし返って便利じゃん、み
  たいなことでしょ?
: 宇宙人のエゴによって人類が変えられてしまう。
: でも、いい方を変えればネクスト・ステージへ導いてもらったともいえる。
: いやそれは人類が望んだことじゃないから、変な話あのまま人類は滅んじゃっても良かったわけだ
  から。
: でもそれじゃあ宇宙人が困るじゃない。
: それは・・・宇宙人サイドの事情だからさあ。
: まあね、テーマは言葉ということかしら。
: 「初めに言葉ありき」だっけ?
: 要は新しい言語を習得するということはその言葉の持つ能力とか思考とかを身につけることであ
  るってことね?
: ただじゃあ、人類が時系列のない言語を学んだからといって即時空を超えることができるというの
  はちょっと疑問だな。
: 確かに、そこの飛躍は実はそれほど小さくないわね。
: そうなんだよ、すべての原子が揃ったとしてもそれだけではそこに生命が誕生しないようにある種
  のきっかけというか発火点みたいなものが必要なはずなんだ。
: まあだから、宇宙人はそこの魔法も込みで人類に伝えにきたわけでしょ?
: そういうことなんだろうね。
: 主人公の女性は難病で早死にすると分かっている娘をあえて産もうととするわけだけど。
: そこは、人間というのは常にそういう矛盾を抱えてる存在だから。
: そうね、遅かれ早かれ死ぬと分かっている子供を親は産むんだからね。
: もちろんそうしないことには人類は絶えちゃう訳だけど。
: だからそこは、遺伝子のエゴじゃないけれども、何が何でも存続させていくためには手段を選ばな
  いというか。
: 赤ちゃんがあんなに可愛いのも遺伝子の仕業ってことね。
: そうなんだよ、赤ちゃんがあんなに可愛くなきゃ親だっていずれ死ぬと分かってる子供をあえて産
  んだりはしないと思うよ。
: でまたそこに、宗教だか哲学だかで生きる意味みたいなことを付加してくるからどんどん訳が分か
  らなくなってしまう。
: 要するに、遺伝子が生き延びたいだけなのにね。
: 脳というのは常に保守的であるというの知ってる?
: 何それ?
: つまりね、脳というのは現時点で自分が生存しているということに重きを置くので現体制を保持しよ
  うとするんだって。
: なるほど、より良い世界を目指して革命が起こっちゃって自分が生きられない世の中になっちゃうの
  が怖いってことね?
: そう、実利的なんだよ。
: 宇宙人が一周してイカのお化けっていうのが笑える。
: イカ墨みたいなの吐いたりして。
: ただ本作ではそういう根源的、哲学的なテーマもさることながら現在の緊迫度を増す国際情勢に対
  するメッセージという側面が強いのかもね。
: 中国人曰く「戦争では誰も得をしない、ただ未亡人を生むだけである」
: 町山情報ね。
: 監督がインタビューで答えてるらしいよ。
: 次は「ブレードランナー」の続編ね。
: 楽しみだなあ。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メッセージ e-x-m-s/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる