e-x-m-s

アクセスカウンタ

zoom RSS スプリット

<<   作成日時 : 2017/05/20 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



画像



イオンシネマ新百合ヶ丘、2017.05.15.mon.19:00の回。

監督: M・ナイト・シャマラン
出演: ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ほか。


: ネタバレがどうの、ということが騒がれているみたいだけれど。
: あんまりそういう映画じゃないという気もするわね。
: だって多重人格犯が女の子3人を誘拐監禁するというのはポスターにも書いてあるし。
: そうよね、他にネタバレっていってもねえ?
: シャマランだから一筋縄ではいかないとは分かっていたけども。
: というと?
: 僕としてはもっと女の子たちにひどい目に合って欲しかったんだよね。
: いやいや、十分ひどい目に合ってるでしょ?
: ていうか、もっと早い段階で一人一人みたいな?
: レイプされて虐殺されて、みたいなこと?
: まあ、そうかな。
: そういう映画じゃないし。
: いや、分かってるんだけどね。
: じゃ、どういうんだっていわれると・・・
: 僕が思ったのはね、とても太い釘があったとしてそれがくの字に曲がってる、でどういう力が加わったら
  こういうことになるのかなって思い巡らすみたいな?
: ああ、なるほど。



















(ネタバレっていうならこの辺からネタバレなのかも?)




















: 僕は多重人格についての知識はほとんどないんだけれどもこの映画の場合、それぞれの人格が他の
  人格を認識しているところが面白いね。
: そうね、その中でヒエラルキーというかある種の秩序があるのも興味深い、ちゃんとリーダーがいたりし
  て。
: しかもその上に、「政変」があったりしてリーダーが入れ替わったりそれに成り済ましたり。
: で中心には「野獣」がいてどの人格もそれを恐れている。
: 彼は現実が過酷すぎて人格を分裂させるしかなかった、そして傍観者を装うことによって逃避せざるを得
  なかった。
: でも結局は逃げ切れなくて自分の中の憎悪というか恐怖の感情を育んでしまった。
: 自分で育てておきながらそれに怯え続けて生きていかなくてはならない。
: 彼にヘドウィグのような幼気なキャラが内在しているのが切ないわね。
: 無垢な野獣とでもいうか。
: フランケンシュタインやキングゴングとも共通するのかもしれない。
: 物語全体としてはどうなんだろう?
: どうなのかしら?最初の犠牲者はもう少し早い段階で出た方が緊迫感があったんじゃないかな?
: お父さんがまず犠牲になっている。
: あそこはもっと具体的な描写があった方が良かったんじゃない?
: どうかな?あれくらいの方が想像力を刺激してかえって怖いような気もするけど。
: うーん。
: この物語はあくまでも犯人目線なんだよね。
: そうかしら?これは主人公のケイシーの物語でもあるわけでしょ?
: 確かにリンクするんだよね。
: 同じ傷を持つ者同士というかね。
: まあそこが泣かせるんだけれども。
: そうなのよね、ケイシーがなぜあんなにも虚無的なのか。
: まあ、そうもなるわよね、あれじゃ。
: なるね、それで犯人もね、最後に彼の部屋をカメラが舐めるように移動していって。
: 彼はどういう気持ちであの部屋で暮らしてたのかしら。
: だからそれを思うとね、カウンセラーのオバちゃんなんかに分かって欲しくないというか。
: そうね、彼は文字どおりズタズタに切り裂かれてしまった訳だから。
: ケイシー役のアニヤ・テイラー=ジョイて(能年玲奈改め)のんさんに似てない?
: そっくりね。
: 特に眼と唇の感じが似てる。
: 猫のような透明な眼でこっちを覗き込んでくるわ。
: 見透かされてる感じがする。
: 口は常に何かいいた気なんだけど黙っている。
: 結局少女3人の心の交流みたいなものは描かれない。
: そうね、特に分かり合うでもなく。
: だから他の二人はただの殺されキャラみたくなちゃうのが惜しい。
: ミスリードとまではいかなくても観客の心をもうちょっと揺すぶってくれても良かったのかな?
: 物語の舞台がどこなのか?というのは一応最後まで伏せられてるけれども。
: まあ、なるほどってことかしら?
: 今流行りのこういう続きもの傾向について。
: まあ、ファンなら全部見るからそれでいいんだろうけれど。
: 続編という意味ではデヴィッド・フィンチャー版ミレニアムが早く見たいな。
: それってあるの?
: ないか?










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スプリット e-x-m-s/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる