e-x-m-s

アクセスカウンタ

zoom RSS 無限の住人

<<   作成日時 : 2017/05/17 19:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



画像



109シネマズ湘南、2017.05.01.mon.18:20の回。

監督: 三池崇史
出演: 木村拓哉、福士蒼汰、市川海老蔵、杉咲花、ほか。


: キムタクってさあ?
: うん。
: 頑張ってるよね。
: そうね、このあいだの連ドラも面白かったしね。
: そう、スーパードクターの浅野忠信が超かわいそうなやつ。
: うん、不器用でね。
: 巡り合わせが悪くて愛に恵まれない。
: 本当は家族からもとても愛されているのに自覚できない。
: 有能なのに、どんどん孤独になっていってしまう。
: ねえ、そろそろキムタクの話しようよ。
: いや、だから僕がいいたいのはね、浅野忠信がいいのはもう分かってることじゃん?
: うん。
: ただね、そのほかにも主役級の人たちと共演してるじゃない?そのドラマで。
: うん。
: そういう場所にいるキムタクを見るのって案外悪くないってこと。
: そうなのよ、これが。
: 中心の空白というか。
: 彼はキムタクでしかないんだけど、その彼が中心にいることで周囲の人間にリアルな血が通うというか。
: 前に出ない主役、なのかな?
: それは今回も共通していて、出番こそ多いけれども所詮はボディガード役だから真の主役とはいい難
  い。
: 一種の超人だからね。
: そう、主な葛藤は全部、杉咲花演じる凛が引き受けることになる。
: キムタクの葛藤は痛みに耐えることだけだね。
: アクションが素晴らしいね。
: なかなか気合の入った殺陣を見せる。
: キムタクや福士蒼汰の体技も悪くないね。
: かなりいいんじゃないかな?
: 僕的にはもう少し血糊の量が多いとさらに良かったけど。
: え?もっと?
: 地面に溜まっている量はあんなものでいいと思うけど、人を斬ったときに飛び散る量が少ないというか
  ね。
: うーん?
: 景気よくドバドバ飛び散って欲しかったな、別にリアルじゃなくてもいいんだよ元々漫画なんだから。
: ドバドバ?
: そう、笑っちゃうくらい。
: そうねえ?
: ただ物語がねえ、単調というか。
: 取り留めがないわよねえ?
: そもそも仇討ちというのはジレンマを抱えた概念なわけでさあ。
: そうね、仇を討たれる方にもそれ相応の理由がある。
: 勧善懲悪にならないから。
: 特に今回、福士蒼汰の演じた天津影久という男には立派な大義がある。
: 大義もあるし、凛の父親に対しても先代からの因果がある。
: だから仇を討つ方も討たれる方もどちらも正義とはいえない。
: そんなことは最初から分かっていることなんだけれどもそれが物語上の葛藤にはならず逆に推進力
  を奪う結果となっている。
: あまりにも分かり切っていることだから?
: どうかな?そういうことよりもストーリー展開に工夫がなさ過ぎるという気がする。
: そこでまた凛役の杉咲花がその都度無邪気な発言を繰り返すものだからそれこそ笑ってしまう。
: 公儀の軍隊を叱るところとかね。
: そう、そりゃそうだけどってね。
: 彼女のセリフが妙に現代語調なのも僕にはノイズになった。
: あれは意識的にそうしてたんだと思うけど。
: 僕にはちょっと意図が伝わらなかったな。
: あとキムタクと凛の関係がいまいちよく理解できないね。
: キムタクは凛を抱いてしまった方が良かったんじゃないかな?
: 確かにその方がスッキリしたかもね。
: 凛が武術の稽古を積んでいるのに実戦で全く役に立たないのがもどかしいね。
: 子供があんまりバンバン人を殺しちゃうのは良くないんじゃないかしら?
: 労働基準法に引っかかる?
: うーん。
: 「キック・アス('10)」なんかではけっこう派手にいっちゃってたけどな。
: あれは欧米の話だから。
: そういえばあれも仇討ちの話だったよね。
: 凛が最後までただ守られるだけの役割しか果たさず解放されないのがやっぱり物語全体に煮え切
  らない印象を与えてるんじゃないだろうか?
: そうね、何かスカッとしないというか。
: 逆に考えさせて観客を落ち込ませるくらいでも良かったと思うけど。
: そうもならない、何というか取り留めがないとしかいいようがない。
: 全体にグズグズなのよね。
: それぞれのキャストは頑張っているのにねえ?
: 主役級の人たちはもちろんだけど、戸田恵梨香さんとかインチキなマジシャンみたいで眼を引くわね。
: あのスリットから細い足がはみ出す感じがセクシーだね。
: あとは海老蔵が枯れた役を出しゃばらずに演じている。
: うーん、あれは・・・どうなんだろう?
: というと?
: ずっと海老蔵だって分からなかった、高橋一生だとばかり思っていた。
: うーん、確かに似ているかも。
: キムタクが痛みに耐えるシーンが本当に痛そうで良かったわ。
: そうだね、不死であるということが全然羨ましく思えないもんね。
: そうよ、あんなに痛いのに死ねないなんてね。
: まさに地獄ね。
: 生き地獄。
: 生き地獄かあ、・・・何というか、キムタクにははまだまだ頑張って欲しいな。
: そうだね。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無限の住人 e-x-m-s/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる