e-x-m-s

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜に生きる

<<   作成日時 : 2017/05/31 09:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



画像



109シネマズ湘南、2017.05.23.tue.13:15の回。

監督: ベン・アフレック
出演: ベン・アフレック、エル・ファニング、ブレンダン・グリーソン、ほか。


: 見事な出来栄えね。
: さすが、ベン・アフレック、腕がいい。
: 語り口もスピーディだし、映像もいいわね。
: ラスト近くの銃撃戦も光の使い方が上手いしちょっとジョニー・トーを思い出してしまったな。
: ストーリーも面白いわね。
: いわゆるギャングものというのとは一線を画しているというかね。
: 後半どんどん不思議な感じになっていくわね。
: 褒めるところってこれくらいかな?
: まあ、そうね。
: 好きな作品であることには間違いがない。
: 私も好きよ。
: ところがなあ、見ている間中あまり心が動かない。
: そう?私はいろいろ感じるところがあったけど。
: やっぱり最大の原因はエル・ファニングの出番の少ないせいかな?
: いきなりそこ?
: 予告編を見た段階から嫌な予感はしていたんだよね、この物語のどこに彼女の出番があるんだろ
  うって。
: とってもいい役じゃない。
: 確かに美味しい役だし、重要な役でもあるんだけどなにせ画面に映らない。
: ラストシーンにも絡んでくるし。
: 中盤で女優志望だからハリウッドへ行くっていったキリ出てこないから頭クラクラしてたけど。
: そのあと登場して、印象的なシーンもあったじゃない。
: そうなんだよ、もちろん彼女じゃなきゃできないといったら大袈裟かもしれないけど。
: でもなかなかあの役のできる人って限られるんじゃないかな。
: ちょっと浮世離れした美しさだよね。
: シャーリーズ・セロンが美しいというのとはまた違った美しさよね。
: 美しくて儚くて、で、狂っている。
: 狂ってるのよね、これが。
: お説教をしたあとに自分の前腕部の内側をバーンて見せるところとか。
: もう完全に狂っている。
: 眼が座っちゃってるもんね。
: もうこの人はいくらも生きてはいられないなということがビンビン伝わってくる。
: そのあとカフェで二人で話すシーンも凄かった。
: 泣いたあとにフワッと笑うとことか超怖い。
: あそこはヤバイね。
: 何だか可哀想で可哀想で。
: あんなに無垢な人はいないのにね。
: 身体つきというか、首のあたりの感じも怖いわね。
: あの首は怖いね。
: 何とか助けてあげたいって思ったけど。
: ところがその時点で僕はすっかり主人公に感情移入しているからこの女何分かんないこといってん
  だよ、くらいに思っていた。
: 殺しちゃえくらいの感じ?
: そういうドキドキもあるよね。
: もう彼女を殺しちゃったら主人公は完全に地獄に落ちるわね。
: まあどちらにせよ地獄行きだけどね。
: 事件発覚後、完全武装していた彼女がふっと鎧を脱ぐ。
: 彼女はあんな風に人に弱みを見せちゃダメなんだよ。
: そう、彼女はあんな風に自分と向き合ってしまったらもうお終いなんだよね。
: 人は長い旅をしてある時ふと気づく、自分のいるこここそが楽園なんだって。
: 人は必ずここではないどこかを目指す動物だから。
: そこに気づいた人は幸せだともいえる訳だけど。
: 彼女の場合はあまりにも早くあまりにも悲惨な形でそれに気づいてしまった。
: 主演のベン・アフレック問題は?
: 別の人が主役をやっていたら?
: 確かにベン・アフレックってちょっと凡庸な感じがするわね。
: もう少しシュッとした人が主演だったら画面全体ももう少しセンシティブになったかもね。
: 研ぎ澄まされた感じとか?
: ただこれ俳優ベン・アフレックのせいというよりはそもそものキャラがどうなのかってこともある。
: そうね、劇中元カノにも指摘されていたけれど、お父さんが警察官だからずいぶん助けてもらって
  みたいなこととか。
: あんなに骨折ってくれたお父さんにこれといった親孝行もしないまま死なせちゃうし。
: 彼はギャングとしては人道的な方だとは思うけど結局は人も殺すしかなり悪どいこともしている。
: それなのに何だか最終的にはちょっといい話みたいなラストだったり。
: お話に乗れないというのはあるわね。
: 返って破滅的ならまたそれはそれでいいんだよね。
: 「スカーフェイス('83)」みたいなのも好きだしあれを見て人道的でないとか倫理がどうのとかいう話
  にはならないわね。
: 彼の嫌なところは、彼はギャングというよりもむしろ殺しもやる極悪のビジネスマンといった趣なん
  だよ。
: だから、ラストの展開もただの自業自得というか、そりゃ何から何までお前の都合のいいようには
  ならないよって思っちゃう。
: やっぱり主人公に対する批判的な視点みたいなものをもう少し盛り込むべきだったんじゃないかな?
: ウディ・アレンだったらもう、がんがんナレーション入れてコメディにしちゃうと思うけどな。
: それくらいのひねりがないとどうも納得がいかない。
: 良く出来てるのにねえ?
: ベン・アフレックがなあ?
: 顎割れてるしね。
: 微妙なんだよなあ。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夜に生きる e-x-m-s/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる