e-x-m-s

アクセスカウンタ

zoom RSS パッセンジャー

<<   作成日時 : 2017/04/05 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



画像



109シネマズ湘南、2017.03.28.tue.16:10の回。

監督: モルテン・ティルドゥム
出演: ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ほか。


: これはSF娯楽大作ってことでいいんだよね?
: まあ、大作にしちゃあ登場人物が少ないような気もするけど。
: でも主演2人のギャラだけでも相当な額になるんじゃないのかなあ?
: まあね、人気者の2人だから。
: 今回はそういうイケメン美女じゃないと成立しないお話ではあるね。
: これ哲学的にしようと思えばいくらでもそうできるストーリーなんだよね。
: タルコフスキー辺りが作ってたらもう少し違った映画になってた可能性はあるわね。
: ただこれ問題が普遍的すぎて逆にそれほど深くないというか。
: それはやっぱり描き方にもよるんじゃないかなあ?
: 僕はこれくらいエンタメ寄りでよかったんじゃないかと思うけど。
: まあ主演がこの2人なんだからそう小難しいことにしても始まらない。
: 娯楽大作じゃないとね。
: 充分面白いと思うけど。
: 後半のアクション部をどう評価するかにもよるね。
: 私はあれで良かったんじゃないかと思うわ、結構ハラハラドキドキしたし。
: クリス・ブラッドが燃えそうになるシーンとかクライマックスの宇宙遊泳とか既視感半端じゃないんだ
  けど。
: まあそれは、いいっこなし、だって娯楽大作なんだもん。
: 僕も満足したけどね、ジェニファー・ローレンスちゃんのナイスバディも堪能できるし。
: 結局そこ?
: もうあの水着とかエロくて最高。
: しかもそれが空中に浮かんで恥ずかしいポーズ取らされて・・・嫌だわあ。
: 娯楽映画の場合、ある程度定石を踏まないとね。
: その方が見てる方も安心するわね。
: 確かに全編安心ではある。
: 圧倒的なメジャー感というか、悪いようにはしない感じ。
: そういうのがないと見ていてとても不安になちゃうかもね。
: そりゃそうよ、だってこの広い宇宙にたった一人なのよ。
: 僕は、パチンコ屋の雑踏の中でも宇宙にたった一人だって感じることがある。
: それとこれとは。
: まあ違うけど。
: 120年眠って他の惑星に移住するはずがなぜか1人だけ先に目が覚めてしまう。
: しかも惑星に到着するまでに90年もかかる。
: たった一人で誰とも接触せず90年生きたとして本当に生きたといえるのかしら。
: それ以前にたった一人で90年生きられるのか。
: 絶対無理。
: ふつうに考えればそうだね。
: そこへ降って湧いたように美女が現れる。
: 飛んで火に入る夏の虫、じゃないけれど。
: まあ、カモネギね。
: 男がよほどヘマをしない限り恋愛関係になることは確実。
: イケメンだし。
: 2人っきりだし。
: まあ、ちょっと憧れるシチュエーションではあるわね。
: 他には誰もいないんだから2人とも服なんか着る必要ないよね。
: でもそれじゃあ身体がいくつあっても・・・
: 足りない?
: 多分足りないと思う。
: 野獣だね。
: 服くらい着なさいよ。
: 宇宙船の窓から見える景色がまたこれ。
: まああんなロマンチックな情景ってないわね。
: オプションで宇宙遊泳とかした日にゃあ、これはもう。
: 無重力で漂う感じが寄る辺なくて2人の絆は否が応でも深まるし。
: あと宇宙の谷間みたいなところに陥って空の色が変わるところなんかもダイナミックだし。
: こりゃ、堪らん。
: まあところがそうは問屋が卸さないわけで。
: 問題発生から生存の危機へ。
: もの凄く都合よく黒人が出てくるし。
: あれはちょっとズルい。
: まあ、ああじゃなくても2人がひょんなことから何かのパスワードを解読するとかでも処理できたか
  もしれない。
: そういうことよりも、あの2人にはあの時点で誰か第3者の視点の入る必要があったんじゃないかな?
: あったかも、あのままじゃあ本当に煮詰まってしまう。
: 煮詰まってドロドロに溶けて渾然一体のグチャグチャになって・・・
: 婚前?確かに婚前ではあるけど。
: 婚前じゃなくて渾然。
: ああコンゼンね?
: そう、コンゼン。
: ただやっぱりそう考えるとあの結末は安易なのかなって。
: いや、僕はこのお話の肝はそこじゃないと思う。
: というと?
: つまりこの5000人の乗客は全員世捨て人だってこと。
: ああ、そうか。
: どんなに追い詰められたのか大志があるのか分からないけれども現世のしがらみを捨ててきたこ
  とには変わりがない。
: そうね、残されたものは堪ったもんじゃないわね。
: やっぱりある種の無力感に襲われると思うね。
: 自分の力じゃあ彼らを幸せにしてあげられないんだもんね。
: いってみれば死後の世界が約束されたから自殺しますみたいなことだから。
: そうねー。
: しかも彼女に至ってはそこの生活も早めに切り上げてまた地球へ戻ってくるという。
: 007は2度死ぬ。
: 周りの人たちを2度も裏切って。
: 別に裏切ったわけじゃあ。
: でも彼女を本当に愛している人たちにとっては少なからず裏切りだと思う。
: 超人的というか人で無しというか。
: だから、そもそもそういう発想自体に無理があったんじゃないかと。
: バチが当たったってこと?彼女がああいう目にあったのは必然だったと?
: そういう側面はあったんじゃないだろうか。
: なるほどねー、あれいっそのこと5000人全員起こしちゃって90年間宇宙船の中でワイワイ楽しくや
  れば良かったんじゃいない?
: イヤイヤそこまでの食料積んでないと思うし。
: これハッピーエンドだよね?
: そうだろうね。
: 流石に子供は産まなかったみたいね?
: そこまで無責任なことはできないでしょう。
: 最初から双子が生まれてくればいいけど、1人生まれたとして次の子が生まれる保証はないからね。
: その時は子供の異性の方の親がまた眠ればいいんだよ、で15年くらいしたらまた起きてその子と結
  婚する。
: それって近親相関ってこと?
: まあそうかな、しかもそのまま生きた方の親にとっては配偶者が実子と不倫関係になって・・・
: ああ、考えたくないわあ。
: だって兄弟で交わったとしてもそれはそれで近親相関なんだから。
: そっかー、じゃあもう1人2人余分に起こしてさあ・・・
: だからそれをしたらキリがないから。
: それもそうね。じゃあじゃあ寝てる人からこっそり精子を取り出して起きてる人に人工授精をするって
  のは?
: いや、だからそれこそ倫理的どうなのってことでしょ?寝てる間に自分の子ができちゃうって。
: しかもすくすく育っているという。
: 絶対無理。
: 何だか楽しくなってきちゃったな。
: じゃあ、そういう映画だってことで。
: どーいう映画よ !!








: 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パッセンジャー e-x-m-s/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる